読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫と偏頭痛

漫画・小説・アニメ・ゲーム・映画・ライブ・コンサートといった、日々のエンタテイメントの感想をゆるーく綴っていきます。

メイドインアビス(1〜5巻)感想

 

 

こんにちは。

 

 私、ジャンルで言うと特にファンタジー作品が好きなのですが、ずっと気になっていた作品がありました。

それが『メイドインアビス』です。 先日、ようやく購入しました。

 

 

 

書店にて捜索

実はこれ、普通の青年コミックのサイズではなく、大判サイズなんですね〜。

今までずっと通常サイズの棚見てました...見つからないわけです(泣)

今年2017年にアニメ化ということもあり、レジ前の棚にどーんと置いてありました。

 

 

絵について

頬がふっくらして可愛らしい絵柄ですね。

主人公は、表紙にいる眼鏡をかけたおさげの女の子、リコです。

基本的に、このリコと同年代の登場人物が多いです。

あまり好きな絵ではない、という方もいらっしゃると思いますで、本を買う前に以下のサイトで試し読みするのもアリだと思います。

メイドインアビス / つくしあきひと / まんがライフWIN

 

それと全体的にグレーがかっています。私自身、絵柄は全く問題なかったのですが、こちらが気になりました。ですが、2巻を読み終わるうちには慣れてしまいましたので、今では問題ありません。

むしろいい味出してます。

 

 

ストーリー・世界観について

 直径約1000メートル、深さは不明の大穴「アビス」。

この大穴には未知の空間・生物・物質が数多く存在し、人々は「探窟家」となってこの大穴に潜っていきます。

潜るぶんには身体に異常はありません。問題は登ること。

「アビスの呪い」と呼ばれるこの負荷は、浅い場所から地上に帰るだけならなら吐き気や目眩で済みますが、深ければ深いほど、身体中の穴から血が吹き出たり人間性を損失したりします。

 

この漫画を面白くしている設定の一つが、この「アビスの呪い」だと思います。

実際、主人公もこの呪いに苦しめられて可哀想なことになったりもします。

 

 

内容について

いつも新しい漫画を買う前には、AmazonのレビューやSNSの呟きなんかを検索してチェックします。

今回、購入前の主な印象としては「グロい」「ロリ絵で時々エロい」「主人公の腕が...」「ナナチというキャラが人気で、3巻で登場」という感じでした。

ですから、3巻までは読もうと思っていたわけです。

 

ぶっちゃけ2巻までは「こんなもんか〜」と思ってたんですけど、3巻読んだら「今後も買います。アニメも絶対見ます。」ってなりました笑

3巻にはナナチの登場から、彼(彼女?)の辛い過去が描かれていますが、最後の数ページは何度読んでもボロ泣きです...!!

 

もちろん4巻、そして5巻も引き続き面白いです。

紳士的な口調の外道(大体こいつのせい)が出てきて、話が私好みの不幸な方向に向かっていきます笑

 

 

5巻は昨年の12月に出たばっかりなので、次の巻が出るのはまだまだ先になりそうです。

Amazonで発売日を見たところ、

   1巻 2013年 7月31日

   2巻 2014年 6月30日

   3巻 2015年 6月20日

   4巻 2016年 4月30日

   5巻 2016年 12月26日

 となっていたので、6巻は半年以上は先でしょうね...。

楽しみに待ちます!!アニメも期待して待ってます!!