猫と偏頭痛

漫画・小説・アニメ・ゲーム・映画・ライブ・コンサートといった、日々のエンタテイメントの感想をゆるーく綴っていきます。

立川まんがぱーくに行ってきました!

こんにちは。

 

一日400円約4万冊の漫画が読み放題の立川まんがぱーく

行ってきました!(ちなみに小人は200円)

 

mangapark.jp

 

平日は10時〜19時、土日祝は20時まで時間制限なく漫画を読むことが出来ます。

 

「そんなオトクな施設、どうせ立川市民しか利用できないんだろ?」

 と疑っているあなた、そんなことはありません!!誰でも利用できます!!

(実際、私が疑っていました) 

 

しかも、館内でご飯も食べれます。これは一日入り浸るしかありません。

 

 

立川駅からまんがぱーくまで

立川駅南口から、Googleマップを頼りに歩いていきました。

 

 f:id:AQUA-cat:20170201233531p:plain 

 

南口周辺をめちゃくちゃ簡単に表現するとこんな感じ。これはひどい

しかし、最初に入る道さえ間違えなければあとは一直線です!

この赤い矢印の方向に進みます。2階から外に出た方は、エスカレーターがある道です。少し進むと左手にドトールが見えてきます。

 

10分も歩かないうちに、右手に子ども未来センターが見えてきます。

立川まんがぱーくはこの施設の2階にありますので、中に入って建物の中央付近にある階段を上りましょう。

 

 

いざ立川まんがぱーくへ!

2階を右に進むと総合受付があり、お姉さんが詳しい案内をしてくれました。

入館料の400円は受付で支払うのかと思いきや、靴箱のロッカー代がそのまま入館料になっているそうで。

「やばい。小銭ない。」と思ったのですが、ちゃんと両替機がありました〜。

 

ほぼ開館直後の10時過ぎに到着したのですが、10人〜15人ぐらいの方がすでに各々の場所を陣取って漫画を読んでいました。

お昼過ぎには人が増えて50人くらいになり、16時頃には70〜80人程が館内で漫画を読んでいたと思います。

 

 

漫画のラインナップが豊富!

スポーツや医療や音楽など、ジャンル別の棚に入っている漫画もありますが、ほとんどは作者の50音順に並んでいます。

検索機もありますので、読みたい漫画が見つからない場合は便利ですね!

 

1月23日にマンガ大賞のノミネート作品が発表されたので、その特設コーナーが出来ていました。

特に、これらが読めたのは嬉しかったですね!気になっていたので。

 

 前回の記事に書いた『メイドインアビス』も置いてありました。

aqua-cat.hatenablog.com

 

ちなみに、最新刊の品揃えはそれほど良くないので、新刊を目当てに行くのはおすすめしません。

最新刊と、その前の巻は置いてないと思った方が良さそうです。

 

漫画の単行本の他に、漫画雑誌や、児童書(絵本)なんかもありました。

 

 

館内の便利なサービス

まんがぱーくの中では、食べ物や飲み物が販売されていて、食事スペースも室内席とテラス席があります。
 
カレーやハヤシライス、きつねうどん、ラーメンが250円前後で販売されていて、さらに餃子や唐揚げ、アメリカンドッグ、パンケーキといったサイドメニューもあります。
アルコール類は、キリン淡麗とハイボールがありました。確か250円だったと思います。

 

ちなみに食事は全て冷凍のままで出てきますので、セルフでお湯を入れたり、レンジでチンして食べます。 

 

 

 

 

10時過ぎに入って、 途中お昼を食べたりなんかして、16時には退館しました。

読めた漫画は22冊です。満足でした。